販売図面は不動産を売るために必ず作成する売却不動産の情報をまとめた資料です。この販売図面が不動産売却のどのような場面で使われるのか、またどのような不動産を売るための効果を確認しましょう。

販売図面で売却情報を伝える

販売図面とは

販売図面は仲介会社へ購入の相談をしている顧客へアプローチする媒体です。対して広範囲の潜在的な買主に直接届ける媒体が広告です。インターネットで購入物件を探す買主は増加傾向にありますが、仲介会社へ購入物件を探す依頼をしている買主も一定数います。この仲介会社経由で売却情報を入手される買主へアプローチするために販売図面は重要なツールと言えます。
販売図面には物件の写真や間取り図、調査内容・物件の特徴などの売却情報を分かりやすくまとめ、買主へ”今、購入できる売却情報”として紹介されます。つまり仲介会社へ購入の相談をしている買主の目に最初に触れる販売図面は、不動産の売却では必要不可欠なツールなのです。

販売図面で効果的に売却情報を伝える

販売図面が使用される場面

販売図面は売却不動産の特徴と魅力を購入検討者に伝えるために効果を発揮する重要なツールです。販売図面は購入希望者が効率的に不動産比較をおこなうためにも利用されます。販売図面が実際にどのような場面で使用されるのかご紹介します。

アナログ比較がしやすい
インターネットなどで複数の不動産を比較検討する際にはウインドウやファイルを同時に複数開く必要がありますが、販売図面なら一枚の紙に集約された売却情報を印刷して手元に並べられるので比較が簡単です。不動産会社の担当者に購入の相談をした際に手渡される資料が販売図面です。
内覧前の絞り込みに利用される
購入希望者は複数の不動産を内覧するため、販売図面を基に不動産がもつ特徴や魅力を比較検討し絞り込みます。よく見えない写真や情報の抜けは検討から外れてしまう機会損失を生む可能性があります。同時に、よく分からないまま内覧に来てもらっても無駄足になってしまう可能性があるため販売図面の情報は充実させましょう。
第一印象を決めるデザイン
販売図面は購入希望者にどのような物件か伝える大切な資料です。正確な情報はもちろんのこと、購入希望者の第一印象に関わるためデザイン性も必要です。
販売図面のデザインは不動産会社によって違います。販売図面から古い印象を受けたり、物件の特徴の抜け、間取り図の間違いなどがあった場合には売却を依頼する不動産会社の見直しを検討してもいいでしょう。

販売図面で伝えられる情報

販売図面は印刷して購入希望者への提案資料として使用されるため概ねA4、大きくてもA3サイズが一般的です。売却時に重要かつ買主の判断材料になる売却情報を優先的に掲載します。

物件写真

マンション 外観写真・共有部写真・専有部写真・設備写真・周辺環境 etc.
戸建   外観写真・室内写真・設備写真・周辺環境 etc.
土地   現地写真・周辺環境 etc.

物件間取図

マンション 専有部分・バルコニー・パイプスペース等の間取図 etc.
戸建   敷地・建物・駐車スペース・道路付等の間取図 etc.
土地   敷地・道路付等の図面 etc.

物件情報

売出価格・駅からの距離(徒歩○分)・利用可能路線・学区・生活利便施設・その他調査内容 etc.

販売図面で売却不動産の魅力を最大化

販売図面が魅力的なら、売却不動産の魅力をわかってくれる購入希望者の内覧が増え、より良い条件で売却できる可能性も高くなります。販売図面でオーナーが実際に日々暮らす中で感じられている魅力、住まいの価値を伝えましょう。

販売図面の充実度で競合と差別化

不動産会社に求めるものは?アンケート 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

販売図面で正確な情報を早く届ける

不動産を購入された方のアンケート上位を占める結果から、情報を「正確」かつ「詳細」に伝えることが重要であることが読み取れます。お客様一人一人と細やかにコミュニケーションをとり、適切な情報提供をしていく地道さが売却活動には欠かせません。
正確で詳細な物件情報の提供は、売却後のトラブルが起こるリスクを未然に防ぐためにも必ず必要です。買主においても未来を見通して計画するための判断材料だといえるでしょう。

確度の高い内覧増加=より良い条件での売却

売却活動がはじまっているのに、販売図面が作成されていない売却物件は少なくありません。不動産会社が両手取引のために囲い込み(情報を隠すためにレインズへ登録を遅らせている)をおこなっているなどの理由があるでしょうが、どんなに魅力的な不動産でもまずは購入希望者が興味をもち、実際に現地へ足を運ばない限りは売れないのは事実です。販売図面に写真や情報が抜けている場合は、検討から外れてしまう機会損失や、内覧に来てもらっても無駄足になってしまうこと可能性もあります。
例えば居住中物件であっても質の高い物件写真を撮影・掲載することが、競合物件よりも優位性を高めることにつながりますし、売却開始の初期段階から販売図面をとおして売却不動産の魅力を正確かつ詳細に広く早く届けることで、物件を気に入ったという購入意欲がある確度の高い内覧が増加し、より良い条件で売却できる可能性が高まるのです。


ここまで販売図面が家を売るために大切な理由をご覧いただき誠にありがとうございました。販売図面で魅力を伝えることは不動産をより良い条件で売却するための第一歩です。
不動産売却専門企業 株式会社JUNXION(ジャンクション)では、魅力や優位性の伝え方を熟知した売るための販売図面を作成で売却をサポートいたします。横浜や東京で不動産売却をお考えでしたら不動産売却専門企業 株式会社JUNXION(ジャンクション)にお任せください。

不動産売却のご相談・査定

お電話からのお問い合わせ
0120-750-180

不動産売却のご相談・査定は無料です。
当社は執拗な営業や勧誘はいたしません。お気軽にお問い合わせください。

特徴 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

売主様に喜ばれる5つの理由

不動産売却専門企業として

無料査定 相談 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

無料査定依頼・売却のご相談

不動産査定依頼・売却相談は無料です。
お気軽にご相談ください。