販売図面は仲介で不動産を売るために必ず作成する物件の情報をまとめた資料です。
仲介で不動産売却するときに、販売図面がどのような場面で使われるのか知らないオーナーも多いことでしょう。販売図面が不動産を売るうえで大切な販売ツールであると重要視するオーナーは少ないのです。
販売図面が不動産売却のどのような場面で使われるのか不動産を売るための効果を解説します。

不動産は販売図面の準備で早く高く売る

販売図面とは

販売図面とは、売却する不動産の調査内容をまとめ「買主へ伝えるための資料」です。
物件の写真や間取り図、物件の特徴などの情報を分かりやすくまとめた販売図面で、買主へ”今、購入できる売却情報”として紹介されます。仲介会社へ購入の相談をしている買主の目に最初に触れる販売図面は、不動産を売却するために必要不可欠なツールといえます。
販売図面は、広範囲の潜在的な買主に情報を直接届ける広告とは違い、仲介会社へ購入の相談をしている顧客へアプローチする媒体です。インターネットの不動産ポータルサイトで物件を探す買主は増加傾向にありますが、仲介会社へ依頼して購入物件を探す買主も一定数います。仲介会社を経由して売却情報を入手される買主へアプローチするためには、販売図面というツールの情報を充実させておく準備が重要なのです。

販売図面で準備する情報

販売図面は購入希望者への提案資料として印刷して使用するため、A4からA3サイズが一般的です。
売却時に重要かつ買主の判断材料になる不動産の情報が過不足なく掲載されているかチェックしましょう。

物件の写真

  • マンション
    外観写真・共有部写真・専有部写真・設備写真・周辺環境 etc.
  • 戸建
    外観写真・室内写真・設備写真・周辺環境 etc.
  • 土地
    現地写真・周辺環境 etc.

物件の間取図

  • マンション
    専有部分・バルコニー・パイプスペース等の間取図 etc.
  • 戸建
    敷地・建物・駐車スペース・道路付等の間取図 etc.
  • 土地
    敷地・道路付等の図面 etc.

物件の情報

  • 売出価格
  • 最寄り駅からの距離(徒歩○分)|利用可能路線
  • 学区
  • 生活利便施設
  • 調査内容
  • 事前告知内容 etc.

販売図面の準備は、仲介会社の調査内容が大切です。調査不足の販売図面で売り出してしまうと、後々トラブルが起こるといったことも考えられるため注意しましょう。また、居住中の戸建やマンションの写真撮影には、室内を片付けるなどオーナーの協力が必要になります。

「室内の状態が分からない方が内覧に繋がる」という仲介の考えに基づいて居住中の物件の多くが写真を撮影せずに売り出されています。裏を返すと、売れる可能性が低い内覧の手間が増えることになるため注意が必要です。

販売図面が使用される場面

販売図面は仲介が売却不動産の特徴や魅力を購入検討者に伝えるために利用する重要な販売ツールです。
販売図面が使用される場面では、おもに購入希望者が効率的に不動産の比較するのに効果を発揮します。実際に販売図面がどのような場面で使用されるのかチェックしておきましょう。

販売図面で第一印象が決まる

購入の相談をした方へ仲介会社の担当者から手渡される資料が販売図面です。
販売図面は購入希望者にどのような物件か伝える大切な資料であるため、正確な情報をまとめていることが大前提ですが、購入希望者の第一印象を左右するためデザイン性も重要です。販売図面のデザインは不動産会社によって違いがあるため、販売図面から古い印象を受けたり、物件の特徴の抜け、間取り図の間違いなどがあった場合には、売却を依頼する不動産会社の見直しを検討してもいいでしょう。

販売図面はアナログ比較がしやすい

複数の不動産を比較検討する際には、インターネットの場合にはウインドウやファイルを同時に複数開く必要がありますが、販売図面なら印刷された一枚の紙に集約された売却情報を手元に並べられるので比較が簡単です。当然、情報が抜けていれば検討対象から外れてしまいやすくなり、売却する期間・価格ともに悪影響があるため注意しましょう。

販売図面で内覧する物件を絞り込む

購入希望者は複数の不動産を内覧するため、販売図面を基にそれぞれの不動産がもつ特徴や魅力を比較検討し絞り込みます。よく見えない写真や情報の抜けは検討から外れてしまう機会損失を生む可能性があります。同時に、よく分からないまま内覧に来てもらっても無駄足になってしまう可能性があるため販売図面の情報は充実させることが大切です。

販売図面で不動産の魅力を最大化

不動産会社に求めるものは?アンケート 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

販売図面で正確な情報を早く届ける

不動産を購入された方のアンケート結果の上位を占めるのは、物件情報を「正確」かつ「詳細」に伝えることが重要であることが読み取れます。
不動産をより良い条件で売却するためには、それぞれの仲介が優先して紹介してくれるように、適切な情報提供をする販売図面の準備が欠かせません。
正確で詳細な物件情報の提供は、買主においては判断材料として、売主にとっては売却後のトラブルが起こるリスクを未然に防ぐためにも必ず必要です。

販売図面の差別化で早く高く売る!

販売図面は、オーナーが実際に日々暮らす中で感じられている魅力、住まいの価値を伝える販売ツールです。
不動産の魅力が伝わる販売図面が準備できたなら、売却物件を気に入ってくれた購入希望者の内覧が増え、より良い条件で売却できる可能性も高くなります。例えば、居住中の戸建やマンションであっても、質の高い物件写真を撮影することで、競合物件よりも優位性を高めることにつながるのです。同時に、売却開始の初期段階から販売図面をとおして売却物件の魅力を正確に広く早く仲介へ届けることで、購入意欲がある確度の高い内覧が増加し、より良い条件で売却できる可能性が高くなるといえるでしょう。

※売却活動がはじまっているのに、販売図面が作成されていない売却物件は少なくありません。仲介会社が両手取引のために囲い込み(レインズへの登録を遅らせる)をおこなっているなどの理由があるでしょうが、どんなに魅力的な物件でも購入希望者が興味をもち、実際に現地へ足を運ばない限りは売れないのが不動産です。販売図面を確認して写真や情報が抜けている場合には、売却を依頼する仲介を見直してみるもの一つの手段でしょう。


ここまで「不動産売却_仲介|販売図面の準備で家を早く高く売る」について解説しました。
販売図面の準備は、売却物件の魅力を伝えて不動産をより良い条件で売るための第一歩です。当社では、不動産の調査はもちろんのこと魅力や優位性の伝え方を熟知した「売るための販売図面の準備」で売却をサポートします。
不動産の売却をお考えでしたら不動産売却専門企業 株式会社JUNXION(ジャンクション)へご相談ください。

不動産 売却 仲介 買取 査定 相談 年間実績 JUNXION ジャンクション 横浜

不動産査定・売却相談×年間実績1,000件以上

2020年8月31日までの不動産査定/売却相談の件数

不動産売却の相談をするにしても、数ある不動産会社の中からすぐに信頼できる売却の専門家と出会うのは簡単ではないかもしれません。
私たちは不動産売却を専門のプロとして、オーナーのご不安やお悩みに誠実にお応えします。年間1,000件を超える売却のご相談にお答えしてきた私たちなら力になれるはずです。

不動産売却のご相談・査定

お電話からのお問い合わせ
0120-750-180

不動産売却のご相談・査定は無料です。
当社は執拗な営業や勧誘はいたしません。お気軽にお問い合わせください。

オーナーに喜ばれる5つの理由|横浜の不動産売却専門企業 株式会社JUNXION ジャンクション 仲介 買取

オーナーに喜ばれる5つの理由

不動産売却専門企業 JUNXION Inc.の特徴

無料 不動産査定・売却のご相談|横浜の不動産売却専門企業 株式会社JUNXION ジャンクション 仲介 買取

不動産査定・売却のご相談

不動産の査定・売却のご相談は無料です。お気軽にご相談ください。