横浜の不動産を仲介で売却するとき、広告する方法が大切です。
広告は、不動産を「より高く」「より早く」より良い条件で売却するために考えられる販売活動です。広告には費用がかかるため、オーナーの不動産を売るためにおこなう広告活動は仲介会社によって違います。
仲介で不動産を高く、そして早く売る方法として広告の特徴や効果を解説します。

横浜の不動産を広告で早く高く売る方法

不動産を売るための広告とは

不動産を売るためには広告で物件情報を購入希望者へ届ける必要があります。
横浜や東京をはじめとする都市部の不動産は、この広告の仕方によって売却の結果が大きく変わります。インターネット広告・チラシ・情報紙の広告、店頭の広告掲載と不動産を売るための広告は多岐にわたりますが「高く・早く」売却するための効果が期待できる広告媒体は絞られます。広告は「不動産を購入したい」と考えている潜在的な買主へ、物件情報を届けるために必要不可欠な媒体ともいえるでしょう。

不動産を売る広告の種類

広告の種類や特徴から、不動産をより良い条件で売却できる効果を確認しましょう。

紙媒体広告の種類と特徴

・折込チラシ
新聞に折り込まれているチラシ広告。新聞を契約している世帯数、新聞の発行部数ともに年々減少している。

・ポスティング
売却の物件情報を印刷したチラシをポスト投函する広告。ポスティング業者へ委託、不動産会社の新人による。

・住宅情報誌
不動産売却の物件情報をまとめて掲載した紙面広告。有料・無料のものがある。

紙媒体の不動産広告は、インターネットの普及によって効果が薄くなっています。紙媒体の広告では、入稿・印刷(情報誌の場合には販売)と手間と時間がかかるため、購入希望者が問い合わせたときには、すでに売れてしまっているということが起こりやすく、情報の鮮度を維持することができない欠点があります。今でももちろん活用されている広告ですが、「おとり広告」と誤解されてしまう可能性もあるため減少傾向にあります。また、インターネット広告と比較すると「必要がない方もターゲットに含まれる」「マンパワーによる高コスト」というデメリットも紙媒体の広告の特徴といえるでしょう。

インターネット広告の種類と特徴

・ポータルサイト
不動産売買のポータルサイトといえば、SUUMO(スーモ)、HOME’S(ホームズ)、athome(アットホーム)などが代表的。全国の不動産会社が物件情報を掲載するポータルサイトは、圧倒的な情報の掲載量によって購入希望者を集客する。また、エリアや間取り、価格など細かく選択して比較できる利便性が特徴。掲載するには不動産会社が費用を負担する必要がある広告。

・自社物件情報サイト
自社の物件情報サイトを持っている不動産会社は、特にエリアに強いなどの特徴をもつ。自社の物件情報サイトには維持管理にコストがかかるため、クオリティの高い自社物件情報サイトを保有しているかどうかは、売却を依頼する不動産会社を選ぶうえで重要なポイント。

インターネット広告はPC・スマートフォンの普及によって一気に拡大したため高い効果が得られます。インターネット広告の魅力は情報量と鮮度です。広告掲載のスペースに制限がある紙媒体とは違い、インターネット広告ではオーナーが伝えたい内容をすべて掲載することができます。また、広告を管理することができる仲介会社なら、情報の鮮度を落とさずに広告し続けることが可能です。さらに不動産ポータルではサイト内のユーザーの検索や行動の履歴から、興味がありそうな物件情報が広告として自動で表示されるようになっています。スケールメリットを活かした幅広いユーザーへの訴求は、インターネット広告の最大のメリットであり、横浜や東京を含む首都圏では絶大な効果を発揮します。

広告をするなら不動産の魅力が伝わる方法で

高価売却・早期売却のために情報を広げるJUNXIONの広告範囲 横浜 不動産 売却 仲介 買取 ジャンクション

インターネット広告は仲介によって使い方が違う

不動産を売却するための広告は、紙の広告からインターネットの広告へと移行しています。
物件情報を、より広範囲の購入希望者へ効率的に届けるために、不動産の仲介でも積極的に利用されるのがインターネット広告です。しかし、不動産ポータルが乱立し、登録する仲介会社の基準にも違いがあるため「物件そのものの情報が少ない」という問題が生じています。
仲介会社のインターネット広告で広告範囲を広げても、オーナーの不動産がもつ魅力を購入希望者に伝える方法で掲載しなければ、売れるものも売れないというのが注意点です。

広告で不動産を早く・高く売る!

物件情報の入手方法は何ですか?アンケート 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

インターネット広告の「質と量」

インターネット広告は、買主が求める信頼できる正確な情報を掲載することが基本です。
不動産を購入された方のアンケート結果から、物件情報の入手方法はインターネット広告が主流であることが読み取れます。
不動産は価格だけで売れる訳ではありません。大切なのは購入希望者に興味を持ってもらえるように、伝わるように正確な情報を届けることです。
広告の「質と量」を重視し、スピーディーに物件情報を提供することは、仲介で売却を成功させるために必須の広告戦略といえます。

今後、不動産を積極的に購入する年齢層はデジタルネイティブ世代へ移り、インターネット広告の範囲と集客力はさらに拡大していくことが予測されます。より良い条件で不動産を売却するためには、インターネット広告にただ掲載するだけでは足りず、不動産の調査内容・写真などの魅力を分かりやすく物件情報にまとめ、比較検討の判断材料となるように広告活動をおこなう仲介会社へ依頼することをオススメします。

広告と不動産会社からの顧客紹介

不動産を売るときには、対外的な広告活動をおこなう前に仲介会社の既存顧客の紹介で売れるケースが相当数存在します。
売買取引のために協力できる仲介会社の数が多ければ多いほど、売却情報は購入希望者へ届きやすいため、オーナーにとって非常に有益な売却活動です。大手の仲介会社、中小の仲介会社どちらも世の中にいる購入希望の顧客全員を満たしているわけではないため、特に仲介会社が乱立する横浜や東京といった首都圏での売却に効果を発揮します。
当社では、他の仲介会社へ相談している購入希望者にもいち早く売却情報を届けもらうために、広告に限らず販売図面の作成にも力を入れ、横浜周辺エリアの信頼できる仲介会社へ積極的に情報共有しています。

※仲介会社が売主・買主の双方から仲介手数料を得る両手取引のために自社内だけで顧客を探す囲い込みが社会問題になっています。囲い込みする仲介会社では、広告活動や他社からの顧客紹介といった情報の広がりは期待できないため注意が必要です。もし「売却を依頼した不動産が売れない」という場合には、囲い込みが原因かもしれません。


ここまで「横浜の不動産売却_仲介|広告で家を早く高く売る方法」について解説しました。
不動産をより良い条件で売却するなら、広告の活用が得意な仲介へ依頼するのがオススメです。「より高く」「より早く」より良い条件で不動産を売却されたいオーナーの参考になれば幸いです。
横浜で不動産の売却をお考えでしたら、不動産売却専門企業 株式会社JUNXION(ジャンクション)にご相談ください。

不動産 売却 仲介 買取 査定 相談 年間実績 JUNXION ジャンクション 横浜

不動産査定・売却相談×年間実績1,000件以上

2020年8月31日までの不動産査定/売却相談の件数

不動産売却の相談をするにしても、数ある不動産会社の中からすぐに信頼できる売却の専門家と出会うのは簡単ではないかもしれません。
私たちは不動産売却を専門のプロとして、オーナーのご不安やお悩みに誠実にお応えします。年間1,000件を超える売却のご相談にお答えしてきた私たちなら力になれるはずです。

不動産売却のご相談・査定

お電話からのお問い合わせ
0120-750-180

不動産売却のご相談・査定は無料です。
当社は執拗な営業や勧誘はいたしません。お気軽にお問い合わせください。

オーナーに喜ばれる5つの理由|横浜の不動産売却専門企業 株式会社JUNXION ジャンクション 仲介 買取

オーナーに喜ばれる5つの理由

不動産売却専門企業 JUNXION Inc.の特徴

無料 不動産査定・売却のご相談|横浜の不動産売却専門企業 株式会社JUNXION ジャンクション 仲介 買取

不動産査定・売却のご相談

不動産の査定・売却のご相談は無料です。お気軽にご相談ください。