横浜の不動産売却では広告がマンションや土地・戸建といった不動産を「より高く」「より早く」「より良い条件」で売却するために大切です。不動産会社ごとに広告の種類には違いがあります。それぞれの広告の特徴を知り、効果的な広告で不動産の売却を成功させましょう。

不動産売却に効果的な広告

不動産を売るための広告とは

横浜や東京をはじめとする都市部では、不動産を売却するための広告によって結果が大きく変わります。不動産を売るための広告は購入を検討している潜在的な買主へ売却情報を届ける媒体です。インターネット広告、チラシDM・情報紙の広告、店頭の広告掲載と不動産を売るための広告は多岐にわたりますが、「高く・早く」売却するための効果が期待できる広告媒体は絞られます。不動産を売るための広告の種類や特徴、その効果を確認しましょう。

広告の種類

紙媒体の広告の種類

・折込チラシ
新聞に折り込まれているチラシ広告。新聞自体の発行部数が年々減少している。

・ポスティング
不動産売却の情報を印刷したチラシをポスト投函する広告。ポスティング業者へ委託、不動産会社の新人による。

・住宅情報誌
不動産売却の情報を掲載した紙面広告。有料・無料のものがある。

紙媒体の不動産広告はインターネットの普及によって効果が薄くなっています。紙媒体の広告では、入稿・印刷(情報誌の場合には販売)と手間と時間がかかるため、購入希望者が問い合わせたときには、すでに売れてしまっているということが起こりやすく、情報の鮮度を維持することができません。今でももちろん活用されている広告ですが、「おとり広告」と誤解をされてしまう可能性があるため減少傾向にあります。

インターネット広告の種類

・ポータルサイト
ポータルサイトといえばSUUMO(スーモ)、HOME’S(ホームズ)、athome(アットホーム)などが代表的。ポータルサイトは全国の不動産会社が物件情報を掲載するため、情報の掲載量が圧倒的。また、エリアや間取り、価格など細かく選択できる利便性が特徴。掲載するには不動産会社が費用を負担する必要がある広告。

・自社物件情報サイト
自社の物件情報サイトを持っている不動産会社は特にエリアに強いなどの特徴をもつ。自社の物件情報サイトには維持管理には資金力が必要とするため、クオリティの高い自社物件情報サイトを保有しているかどうかは、不動産売却を依頼する不動産会社を選ぶうえで重要なポイント。

インターネット広告はスマホの普及によって一気に拡大したため効果も期待できます。インターネット広告の魅力は情報量と鮮度です。広告掲載のスペースに制限がある紙媒体とは違い、インターネット広告では伝えたい内容をすべて載せることができます。また、販売開始から販売終了まで広告を管理することで、情報の鮮度を落とさずに広告し続けることが可能です。さらにポータルサイトではユーザーの検索や行動の履歴からAIが分析し、興味がありそうな広告が自動で表示されるようになっています。スケールメリットを活かした幅広いユーザーへの訴求はインターネット広告の最大のメリットであり、横浜や東京を含む首都圏では絶大な効果を発揮します。

広告で効果的に届ける売却不動産の魅力

情報を広げるJUNXIONの広告範囲 横浜 不動産 売却 仲介 買取 ジャンクション

広告範囲はアナログからデジタルへ拡大

不動産売却の広告も近年では紙の広告からインターネット広告へと移行しています。インターネットの爆発的な普及に対抗し、紙の広告媒体もフリーペーパーなど出版し、消費者が情報を無料で取得できるように工夫し紙媒体の需要を復活させました。しかし、MID(モバイルインターネットデバイス)の普及により、スマートフォンやタブレットで紙面と同じ情報が得られるようになりました。それにより、広告の媒体としてインターネット全盛期に突入し、より広範囲へ購入希望者へ効率的に情報を届けるために不動産の売買でも積極的に利用される広告媒体となったのです。あらゆるWEBポータルサイトが乱立するなか、買主はより精度の高い信頼できる情報を求めているといえます。

広告で精度の高い売却情報を買主へ

物件情報の入手方法は何ですか?アンケート 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

インターネット広告の「質と量」

不動産を購入された方のアンケート上位をしめる結果から、近年の不動産情報の入手方法はインターネット広告が主流であることが読み取れます。
インターネット上で売却情報の「質と量」を重視しスピーディーに提供することは、売却を成功させるために必須の広告戦略といえます。

不動産は価格や間取り・立地だけで売れる訳ではありません。大切なのは購入希望者に興味を持ってもらえるような、精度が高く分かりやすい情報を届けることです。今後、不動産を積極的に購入する年齢層がデジタルネイティブ世代へ移り、インターネット広告の範囲と集客力は今後も拡大していくことが予測されます。
インターネット広告はただ掲載すれば良いという訳ではなく、比較検討する買主の判断材料となるように調査内容・写真などを含めた分かりやすい売却情報をセットにして届けることが重要です。

また、売主・買主の双方から仲介手数料を得る両手取引のために自社内だけで顧客を探すという仲介会社もあるようです。そのような囲い込みを行っている仲介会社の広告活動では情報の広がりは期待できないため注意が必要です。売却を依頼した不動産が売れない場合は、広告が原因かもしれません。
詳しくは【両手取引を狙う囲い込み】をご覧ください。


ここまで広告で効果的に魅力を届ける方法をご覧いただきありがとうございました。仲介で不動産を売却する場合には、広告をどのように活用していくかで結果が変わります。「より高く」「より早く」「より良い条件」で売却されたい売主様の参考となれば幸いです。
横浜で不動産の売却をお考えでしたら、不動産売却専門企業 株式会社JUNXION(ジャンクション)にお任せください。

不動産売却のご相談・査定

お電話からのお問い合わせ
0120-750-180

不動産売却のご相談・査定は無料です。
当社は執拗な営業や勧誘はいたしません。お気軽にお問い合わせください。

特徴 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

売主様に喜ばれる5つの理由

不動産売却専門企業として

無料査定 相談 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

無料査定依頼・売却のご相談

不動産査定依頼・売却相談は無料です。
お気軽にご相談ください。