不動産売却に効果的な広告

売却不動産を高く・早く、より良い条件で売るためには売却情報を購入希望者へ「広く・早く」伝える必要があります。売却を依頼された不動産の購入希望者を探すために仲介会社が行う広告活動をご紹介します。

売却情報を効率的に広げ集客する広告範囲

インターネット広告、チラシDM・情報紙の広告、店頭の広告掲載と不動産広告の方法は多岐にわたりますが、「高く・早く」売却するための効果が期待できる広告媒体は絞られます。正確な売却情報を効果的に購入希望者へ伝えるには、どのようなポイントに注意をすれば良いのか確認しましょう。

物件情報の入手方法は何ですか?アンケート 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

インターネットにおける売却情報の
「スピード・質・量」が売却成功の鍵

不動産を購入された方のアンケート上位を占める結果から、近年の不動産情報の入手方法はインターネットが主流であることが読み取れます。
インターネット上での情報提供の「スピード」「質」「量」を重視することは売却を成功させるために必須の売却戦略と言えます。

情報を広げるJUNXIONの広告範囲 横浜 不動産 売却 仲介 買取 ジャンクション

広告範囲はアナログからデジタルへ拡大

近年、不動産広告も紙媒体からインターネット媒体へと移っています。インターネットの爆発的な普及に対抗し、紙の広告媒体もフリーペーパー等を出版し、消費者が情報を無料で取得できるように工夫し紙媒体の需要を復活させました。しかし、MID(モバイルインターネットデバイス)の普及により、スマートフォンやタブレットで紙面と同じ情報が得られるようになりました。それにより、広告の媒体としてインターネット全盛期に突入し、より広範囲へ購入希望者へ効率的に情報を届けるために不動産の売買でも積極的に利用される広告媒体となったのです。あらゆるWEBポータルサイトが乱立する中、ユーザーは、より精度の高い信頼できる情報を求めているといえます。

精度の高い売却情報を購入希望者へ届ける

不動産を積極的に購入する年齢層がデジタルネイティブ世代へ移り、インターネット広告の範囲と集客力は今後も拡大していくことが予測されます。しかし、売却不動産の価格や間取り・立地だけで不動産は売れる訳ではありません。大切なのは購入希望者に興味を持ってもらえるような、精度が高く分かりやすい情報を届けることです。インターネット広告には調査内容・写真などを含む売却資料がセットで重要なのです。
また、売主・買主の双方から仲介手数料を得る両手取引のために自社内だけで顧客を探すという仲介会社もあるようです。そのような囲い込みを行っている仲介会社の広告活動では情報の広がりは期待できないため注意が必要です。

詳しくは【囲い込む仲介会社から不動産を守る】をご覧ください。

詳細な売却情報を伝える販売図面

購入希望者の目に最初に触れる売却資料が物件の写真や間取り図、調査内容・物件の特徴などの情報をまとめた販売図面です。インターネット広告でも販売図面の売却情報を掲載しますが、インターネット広告は販売図面よりも詳細な売却情報の掲載が可能です。

販売図面で効率的に売却情報を伝える

購入希望者が効率的に不動産比較を行うため利用される販売図面は、売却不動産の特徴と魅力を購入検討者に伝えるためにも効果を発揮する重要なツールです。実際にどのような場面で販売図面が使用されるのか見ていきましょう。

アナログ比較がしやすい
インターネットなどで複数の不動産を比較検討する際にはウインドウやファイルを同時に複数開く必要がありますが、販売図面なら一枚の紙に集約された売却情報を印刷して手元に並べられるので比較が簡単です。不動産会社の担当者に購入の相談をした際に手渡される資料が販売図面です。
内覧前の絞り込みに利用される
購入希望者は複数の不動産を内覧するため、販売図面を基に不動産が持つ特徴や魅力を比較検討し絞り込みます。よく見えない写真や情報の抜けは、検討から外れてしまう機会損失や、内覧に来てもらっても無駄足になってしまう可能性があるため情報を充実させることが重要です。
第一印象を決めるデザイン
販売図面は購入希望者にどのような物件か伝える大切な資料です。正確な情報はもちろんのこと、購入希望者の第一印象に関わるためデザイン性も必要です。

販売図面で伝えられる情報

写真

マンション 外観写真・共有部写真・専有部写真・設備写真・周辺環境 etc.
戸建   外観写真・室内写真・設備写真・周辺環境 etc.
土地   現地写真・周辺環境 etc.

間取図

マンション 専有部分・バルコニー・パイプスペース等の間取図 etc.
戸建   敷地・建物・駐車スペース・道路付等の間取図 etc.
土地   敷地・道路付等の図面 etc.

情報

売出価格・駅からの距離(徒歩○分)・利用可能路線・調査内容 etc.

魅力と情報を正確に伝えるJUNXIONの特徴

住まいの価値は立地と間取りだけで決まるわけではないため、購入希望者への詳細な情報提供は必須といえます。オーナーが実際に日々暮らす中で感じられている魅力を、売却開始の初期段階から購入希望者へいかに届けるかが重要なのです。JUNXION(ジャンクション)は売却専門の豊富な経験から、、不動産を売るため(インターネットによる売却競争から選ばれるため)に分析された販売図面の作成、その準備についてもサポートしています。

魅力を最大限に惹きだす撮影へのこだわり

問合せや内覧を行う際のポイントは?アンケート 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

購入への判断材料は写真

不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)が集計した「不動産情報サイト利用者意識アンケート」2020年度調査結果では、購入者の7割以上が問い合わせや内覧の意思決定をする上で写真を重要な判断材料としていたことが分かっています。
内覧は売却への第一歩です。判断材料の写真が重要であり、同時に写真の見栄えにもこだわる必要があります。

魅力を伝えるための写真撮影

売却不動産をただ撮影しただけの写真で売却開始することは不動産価値を毀損してしまう恐れがあります。売却の優位性を確立するためには、状態の撮影はもちろん、広さ・構造・動線・明るさ等の居住性が伝わる写真を撮影する必要があるのです。
JUNXION(ジャンクション)は、売却不動産の魅力や優位性の伝え方をプロカメラマンより熟知した「売るための写真撮影」で、直感的かつ具体的に魅せる写真のディレクションや活用方法をご提案いたします。

室内写真撮影は広さと居住性を立体的に魅せる

建物の撮影は空間と構造が解るように広く立体的に見渡せる広角で撮影します。奥行きのある広さを感じるために室内の最も長い距離、対角線を写すことが効果的です。壁・床・天井の面を立体的に陰影を捉えるアングルは、窓からの自然光や照明のライティングとの相乗効果で立体的な広さと構造が伝わります。

使いやすさが解る収納の位置と容量

物件写真は収納の位置などの使いやすさが分かるよう複数カットを撮影します。収納容量を確認したい造作収納も間取図と文章で使い勝手をアピールします。可動棚・パイプハンガー・大容量収納などの具体的な資料を揃えることで、購入希望者の潜在的なライフスタイルのニーズを掘り下げ、付加価値を訴えます。

印象を左右する心地よい照明の灯り

室内の印象に大きく影響するのが照明です。中古マンションでは売却開始時に照明を取り外してしまうこともあり、室内の広がりや色味・心地よさが購入希望者に正しく伝わらないこともあります。室内の壁・床・天井の材質に合わせた色味の照明で魅力を引き立てます。

マンションならではのスケールメリットを活かす

中古マンションの売却では設備については文字情報とされる傾向がありますが、オプションセレクトやリフォームした水回り設備の付加価値は新築時だけではなく中古マンションの売却でも同様に強みとして活かせます。また、マンションの顔となる外観やエントランス、マンション全体に広がる共有部で、そのマンションならではのデザイン・先進性・施工品質・設備を視覚で魅せ、具体的な説明でマンション固有の付加価値としてクオリティの本質を価値として伝えます。

居住空間に売るための演出を施すホームステージング

写真撮影に先立って買主視点に立ち返り客観的にご自宅を見つめ直す作業で、買主に好印象の魅力を洗いだすことが高価売却や早期売却に繋がります。室内の整頓、家具の再配置、必要であればハウスクリーニング、空間演出への拘りがホームステージングです。居住中物件であっても家具などを一時的に移動し室内から生活感を排した空間演出で売却の優位性を惹きだす写真撮影を致します。キレイな写真撮影のために行った清掃や家具移動が、室内の細かな傷や不具合の発見と対処に役立つことも少なくありません。
JUNXION(ジャンクション)は、ホームステージングによって競合との差別化を図る売却戦略をご提案いたします。

売却不動産の魅力を最大化して伝える販売図面

室内の写真撮影がどれだけ綺麗でも売却資料をまとめた販売図面が魅力的でなければ、売却不動産の魅力も伝わらず印象は半減してしまいます。JUNXION(ジャンクション)は、売却に特化した専門性のある調査内容は基より、売却不動産の魅力や優位性の伝え方をプロカメラマンより熟知した売るために撮影した写真、不動産ごとに異なる構造・設備やアピールポイントを正確に伝えるグラフィックを構成したデザイン性の高い販売図面を作成。他社へ購入の相談をしているお客様にも紹介しやすいよう魅せる販売図面で早期売却・高価売却のお手伝いを致します。

正確で充実した調査内容

水回りのリフォームや間取り変更等のリノベーション後の専有部分を把握した間取図。
契約書作成まで見据えた正確な調査内容を記載した販売図面を作成します。

グラフィックで分かりやすく伝える

アクセス・設備・構造などのビジュアルイメージの作成。
優位性を目立たせて分かりやすくし、各媒体で購買意欲の向上を後押しします。

戦略とデザインで攻めるチラシ

頒布エリア策定・広告ディレクション・制作。
グラフィカルで情報量が多いオリジナルチラシをスピーディーに作成し、集客を図ります。

競合物件との差別化で確度の高い内覧希望へ

不動産会社に求めるものは?アンケート 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

正確かつ詳細な売却情報を「広く・早く」届ける

不動産を購入された方のアンケート上位を占める結果から、情報を「正確」かつ「詳細」に伝えることが重要であることが読み取れます。お客様一人一人と細やかにコミュニケーションをとり、適切な情報提供をしていく地道さが売却活動には欠かせません。
正確で詳細な物件情報の提供は、売主視点では売却後のトラブルが起こるリスクを未然に防ぐために、買主視点においても未来を見通して計画するための判断材料だと考えます。
私たちはこれまでの経験や実績があるからこそ単なる物件情報ではなく、多角的な視点を織り交ぜた売却情報としてお客様にご提供することができます。

確度の高い内覧増加=より良い条件での売却

売買市場で居住中物件の多くが物件写真を撮影せずに売り出されているのは何故か。それは「室内の状態が分からない方が内覧に繋がる」という考え方に基づいています。どんなに魅力的なマンション・戸建もまずは購入希望者が興味を持ち、実際に現地へ足を運ばない限りは売れません。しかし、写真や情報の抜けは、検討から外れてしまう機会損失や、内覧に来てもらっても無駄足になってしまう可能性があるのです。そこで、JUNXION(ジャンクション)では居住中物件であっても質の高い物件写真を撮影・掲載し、競合物件よりも優位性を高める戦略をご提案しています。売却開始の初期段階から売却不動産の魅力を写真をはじめとする資料を揃えて正確かつ詳細な売却情報を広く早く届けることで、写真をご覧になり物件を気に入ったという購入意欲がある確度の高い効率的な内覧が増加し、より良い条件で売却できる可能性が高まります。

内覧について詳しくは【買主に好印象の内覧ポイント】をご覧ください。

不動産の魅力や優位性の伝え方をプロカメラマンより熟知した売るための写真撮影。不動産ごとに異なる構造・設備やアピールポイントを正確に伝えるグラフィックデザイナーによる販売図面作成。売主様にとってメリットがある場合にはリフォームやハウスクリーニングなどのホームステージングも本音でアドバイス。早期売却・高価売却のための売却専門不動産コンサルティングで売却をトータルサポート致します。