横浜の不動産売却では売却戦略が重要です。
不動産の売却は不動産会社が考える売却戦略で結果が変わります。同じ横浜にある不動産会社でも、マンションや土地・戸建といった不動産を売るためにオーナーへ提供できるサービスに違いがあるからです。「より高く売りたい」「より早く売りたい」といった条件で売却を成功させるためには不動産会社が考えている売却戦略がなにより大切なのです。
横浜の不動産を早く・高く売るための売却戦略について解説します。

横浜の不動産を早く高く売るオススメの売却戦略

横浜の不動産を売却するうえで売却戦略が大切な理由は、売り方で価格や期間といった結果が変わるからです。
横浜の不動産が不動産会社の売却戦略で売れる価格や期間が変わる要因は、横浜をはじめとする首都圏の都市部は人口密度が高く需要が集中しているため競争状態が起こりやすいことです。もちろん立地や建物といった個々の不動産の特性や、オーナーのご事情によって適した売却戦略も違いますが、横浜エリアの強みを最大限に活かして不動産を売るためにオススメの売却戦略があります。
横浜というエリアや不動産の売却に詳しい不動産会社へ売却を依頼することが大前提ですが、横浜の不動産をより良い条件で売るためには、潜在的な購入希望者へ不動産の売却情報を「早く・広く・正しく」伝える売却戦略をもっているかが重要です。

売却戦略1.売却情報を広く伝える広告

不動産を良い条件で売るためには競争力が大切です。
不動産を売るための広告は、売却情報を「不動産を購入したいと考えている潜在的な買主へ」届ける媒体です。広告掲載でオーナーの売却情報を購入の意思が強い方へ届けることで競争力が高くなります。
中には「買主を一人みつければ売れるのだから広告をしない」という売却戦略の不動産会社もあるでしょう。確かに不動産は売主と買主がいれば売買することができますが、価格や引き渡しの条件などの”交渉”が不動産の売却には必ずあります。
買いたいという購入希望者が多ければ多いほど競争状態が生まれるため、オーナーは不利になる交渉をのむ必要がなくなり、売り出した価格で売却できる可能性が高くなります。競争力を高める広告は、より良い条件で不動産を売るために有効な売却戦略です。

売却戦略⒉売出価格の根拠

不動産の売り出し価格を間違えると、どれだけ魅力的な物件でも売れません。
不動産を売却するときには不動産会社が物件を査定をします。査定価格には、物件そのものの調査や、周辺エリアでの取引相場などの根拠があります。しかし、オーナーの印象が良くなるように、あえて高い査定価格を提示する不動産会社もいます。問題がある物件でも価格が適正であれば売れるのが不動産市場ですが、高すぎる価格で売り出すと売れないのは当然です。
相場より高い価格で売却活動をはじめたものの、売れないことを理由に価格を下げて、結局は相場近辺の価格で売却。このような不動産会社に引っかかると、ただ時間を無駄に浪費し、さらには「売れないのは何か理由があるはずだ」「もう少し待てばもっと安くなるかも」と、売れ残りの不動産としてイメージが悪くなり、本当なら売却できたはずの価格より安くなってしまうリスクもあるのです。

売却戦略⒊正しい売却情報を準備

不動産は価格だけで売れる訳ではありません。
不動産を購入したいと考えている潜在的な買主のもとには、さまざまな経緯で売却情報が届きます。多くの売却物件が掲載されているインターネット広告で探す方がいれば、不動産のプロである不動産会社に相談する方もいるでしょう。どちらにしても比較して取捨選択を重ねる売却情報の中にオーナーが売りたい不動産の情報も含まれるため、売却情報をいかに正しく詳しくまとめるかが大切です。
売却情報の中で最も買主の印象を左右するのが写真です。例えばマンションや戸建といった居住用不動産の場合「室内の写真を見せない方が内見が入りやすい」という理由で、写真を見せない不動産会社もいますが、それは間違っています。確かに「室内を見てみたい」と内見の数は増えるかもしれませんが、オーナーに必要なのは”売れる可能性が高い内見”を増やすことです。可能性が低い内見に対応する手間を考えれば、詳しい写真で室内の状態を伝えた内見の方が、売れる確度が高くなるのは当然のことです。

売却戦略⒋売却に強い不動産会社へ依頼

家の売却を不動産会社へ依頼するといっても、大手から中小まで会社の規模が違えば、業務内容も違います。
不動産の売買では購入の仕事よりも難しいのが売却の仕事です。オーナーの事情を考慮することはもちろんですが、不動産を売却するときに起こる可能性があるトラブルを予見し、安全に売買するためにはどうしても豊富な経験が必要不可欠です。トラブルがあった場合に保証をするという会社もあるようですが、それは不動産会社に落ち度がある場合に限られるため、不動産の売買は所有者であるオーナーが責任を負わなくてはならないケースが多く、補償されたという事例は聞いたことがありません。どこまでのトラブルを保証するのか不透明な不動産会社の勧誘方法は、トラブルが起こる可能性が高いことの裏返しと考えることもできます。
専門性があるなど売却が得意であることは大前提に、横浜市の不動産なら横浜というエリアに詳しい不動産会社へ売却を依頼することが最低条件です。会社のホームページをチェックする、査定時に売却戦略を詳しく訊くなどして選ぶのがオススメです。

売却戦略⒌囲い込みのリスクを回避

不動産を売却する場合には、不動産会社による”囲い込み”で価格が安くなる・期間が長くなるリスクがあります。
囲い込みは、売主・買主の両方から仲介手数料を得る両手取引のために自社内だけで顧客を探す仲介会社の情報操作です。他社へ売却情報を提供しなかったり、他社からの購入希望者の紹介を断るなど、囲い込みしている不動産会社では売却情報の広がりは期待できないため、オーナーの不動産が売れる価格や期間に悪影響するのは当然のことです。また、囲い込みで両手取引になる場合「高く売りたい」売主と「安く買いたい」買主は利益相反の関係になります。不動産会社は中立の立場を取るしかないため、売主のために交渉してくれるわけではなく、妥協して契約をするしかなくなってしまうのです。
囲い込みをする仲介会社の売却戦略は、会社の利益を優先するために考えられているため、オーナーが損をする可能性が高くなります。


ここまで「横浜の不動産にオススメの売却戦略|早く高く売る戦略」を解説しました。
横浜という立地であれば、マンション・戸建・土地と不動産の種別に関係なく売却できます。ただし、不動産市場には相場があるため、相場から逸脱した売出価格を設定したり、不動産に隠れた問題を調査できていない場合には、横浜の不動産でも売れないこともあるでしょう。横浜の不動産がご説明した売却戦略でも売れない場合には「市場動向が急速に変化」しているか「売出価格そのものが間違っている」という可能性が考えられます。価格を再査定する、不動産会社の売却戦略を見直すなどの対策をオススメします。

不動産をより良い条件で売るなら、売却戦略をもち不動産売却に強い不動産会社への依頼をオススメします。
不動産の売却をお考えでしたら、不動産売却専門企業 株式会社JUNXION(ジャンクション)にご相談ください。

不動産 売却 仲介 買取 査定 相談 年間実績 JUNXION ジャンクション 横浜

不動産査定・売却相談×年間実績1,000件以上

2020年8月31日までの不動産査定/売却相談の件数

不動産売却の相談をするにしても、数ある不動産会社の中からすぐに信頼できる売却の専門家と出会うのは簡単ではないかもしれません。
私たちは不動産売却を専門のプロとして、オーナーのご不安やお悩みに誠実にお応えします。年間1,000件を超える売却のご相談にお答えしてきた私たちなら力になれるはずです。

不動産売却のご相談・査定

お電話からのお問い合わせ
0120-750-180

不動産売却のご相談・査定は無料です。
当社は執拗な営業や勧誘はいたしません。お気軽にお問い合わせください。

オーナーに喜ばれる5つの理由|横浜の不動産売却専門企業 株式会社JUNXION ジャンクション 仲介 買取

オーナーに喜ばれる5つの理由

不動産売却専門企業 JUNXION Inc.の特徴

無料 不動産査定・売却のご相談|横浜の不動産売却専門企業 株式会社JUNXION ジャンクション 仲介 買取

不動産査定・売却のご相談

不動産の査定・売却のご相談は無料です。お気軽にご相談ください。