値下げで不動産を売却するために、いくら値下げするかお悩みのオーナーも多いことでしょう。
不動産を値下げするうえで大切なのは、購入希望者の動きがある価格帯・坪単価といった売れるポジションを取ることです。相場から外れた価格で売り出しているのであれば、売れないのが不動産です。
不動産を売るために効果的な値下げ方法値下げするタイミングについて解説します。

横浜の不動産売却に効果的な値下げ方法とタイミング

不動産の値下げ

不動産の売出価格を値下げするのは、どういったタイミングでしょうか。
売り出した不動産が売れない場合には、売出価格を値下げする必要があります。仲介での不動産売却は、あくまで売りたい方と買いたい方のマッチングです。オーナーの不動産を売るために、広告での集客や顧客への紹介を仲介が積極的におこなっていることは大前提ですが、突然の市場動向の変化によって需要が減少し「なかなか売れない・・・」といったことも起こる可能性があります。
どうせ不動産を値下げをするなら売れなければ意味がありません。効果的な値下げをするためには、不動産が売れる価格(相場)を把握している必要があります。相場には「価格帯」に比例して値動きする「坪単価」があり、どちらかを基準に値下げする金額を考えると分かりやすくなるでしょう。

賃貸中の投資用不動産の価格は、年間の賃料収入から「利回り」を基準にしますが、値下げの考え方は同じです。

値下げ方法①効果が薄い小刻みな値下げ

値下げが逆効果になるケースも・・・

値下げ幅が少ない価格変更を繰り返すのはオススメしません。
例えば、売出価格2,580万円の不動産を2,580万円→2,500万円→2,450万円→2,380万円と、少しずつ何度も値下げする方法です。不動産売却で有効なポータルサイト(ネット広告)では、少しの値下げでも登録情報が更新されるのため、新着情報のように表示されます。多くの購入希望者へ届けるために、意識的に小刻みな値下げをおこなうという考え方もあるでしょう。
しかし、残念ながら期待するほどの効果がないのが本当のところです。近年、購入希望者が情報収集するツールは増えており、仲介会社と同様(もしくはそれ以上)に売却情報の動向を事細かに観察しています。そうした購入希望者は値下げした価格も把握しているため、ポータルサイトで新着物件として目立っていても「少しだけ売出価格を変更しただけ」だとスルーされてしまうのです。
また、細かい値下げを繰り返すと「値下げをきっかけに」というより「また値下げした」「どこまで値下げするのだろう」「もう少し待てば更に値下げするかもしれない」という期待の方が高くなってしまいます。結果的に、小刻みな値下げでは「売却するために大切な不動産を値下げしたにも関わらず売れづらくなる」逆効果のケースが考えられるのです。

値下げ方法②効果が大きい大幅な値下げ

値下げは購入意欲を刺激してこそ

値下げ幅が大きい価格変更で価格帯・坪単価を売れるポジションに変更するのがオススメです。
例えば、売出価格2,580万円の不動産を2,380万円へ大幅に値下げする方法です。購入希望者にインパクトがある大きい値下げは「一度にここまで下がったら他の人に買われてしまう!」「今が買い時だ!」と効果的に購入意欲を刺激するのです。購入の相談を顧客からうけている仲介会社の営業担当者に対してもインパクトがあるため「大幅に値下げしたので、今が買い時ですよ!」と強気の営業をしてもらいやすくなる効果もあります。購入希望者が信頼する仲介担当者に、本気でオススメしてもらうのは売却を成功させる重要なポイントです。
また、多くの購入希望者は「購入する予算」を必ず持っています。一度の大幅な値下げで、価格帯・坪単価を売れるポジションに変更すれば、「新たな購入希望者の目にとまる」「住宅ローンを借りられる人が増える」など、効果的に買える人の層を増やすことができるのです。購入希望者の競争心理から、購入意欲が刺激され次のステップへ進んでいくでしょう。

値下げは売却するための戦略のひとつ

値下げによる推進力を活かす売却活動

前述した2つの値下げ方法によって、値下げする価格は同じでも、購入希望者へ与える印象や売却までのプロセスに違いが生まれます。
値下げを効果的におこなうためには、そもそも売出価格が正しいことが大前提ですが、不動産が売れる価格帯・坪単価を把握し、その根拠を正確に伝えてくれる仲介でなければオーナーの理解を得ることは難しいでしょう。
数回に分けて値下げする方法は、少しでも高く売れる可能性を残してくれる方法のように見えますが、実際のところ仲介が「いくらで売れるか分からず自信が持てない」という気持ちの裏返しともいえます。「とりあえず細かく刻んで様子を見ながら・・・」という恐る恐るの値下げでは売れるチャンスを逃してしまい、不動産が売れない状態になることもあるでしょう。
値下げで生まれる売却活動の推進力を活かせるかどうかは、仲介の力量次第なのです。

値下げするタイミングで見直すこと

値下げするタイミングで見直す

値下げのタイミングで、価格を安くする前に見直すことがあります。
不動産を値下げするタイミングはオーナーのご事情にもよりますが、売り出しから1ヶ月〜2ヶ月が一般的です。不動産の価格は、市場の動向を受けるため「今はこの価格で売れない」と判断するなら値下げするしかありません。しかし、値下げで安くすれば売れるというのも少し違うため注意が必要です。相場にくらべ極端に高い価格で売り出しているのは論外ですが、不動産は価格が正しければ売れるというわけではないからです。不動産の売却戦略は仲介会社によって違いがあるため、不動産を売るためにどのような広告活動で集客をしているか大きく変わります。
売出価格が適正で、問題がない不動産でも、売るために動いていなければ売却できないこともあるでしょう。売却情報を自社内の顧客へ紹介するだけではなく、潜在的な購入希望者まで届ける必要があるのです。そして売却戦略が正しいとしても、売却状況の経過観測を分析できていなければ、効果的な値下げを提案することもできないでしょう。
不動産は価格だけで売れるわけではありません。売出価格が正しいのであれば、価格の値下げの前に仲介会社の売却戦略について改めて見直してみるのも良いでしょう。


ここまで「横浜の不動産売却|値下げの効果的な方法とタイミング」について解説しました。
値下げで不動産を売却するためには「不動産の調査・オーナーのご事情・売買市場の動向」に加え、仲介が「売却に強いか」が重要です。不動産の売却を成功させるなら、信頼できる不動産会社への依頼をオススメします。
不動産の売却をお考えでしたら、不動産売却専門企業 株式会社JUNXION(ジャンクション)にご相談ください。

不動産 売却 仲介 買取 査定 相談 年間実績 JUNXION ジャンクション 横浜

不動産査定・売却相談×年間実績1,000件以上

2020年8月31日までの不動産査定/売却相談の件数

不動産売却の相談をするにしても、数ある不動産会社の中からすぐに信頼できる売却の専門家と出会うのは簡単ではないかもしれません。
私たちは不動産売却を専門のプロとして、オーナーのご不安やお悩みに誠実にお応えします。年間1,000件を超える売却のご相談にお答えしてきた私たちなら力になれるはずです。

不動産売却のご相談・査定

お電話からのお問い合わせ
0120-750-180

不動産売却のご相談・査定は無料です。
当社は執拗な営業や勧誘はいたしません。お気軽にお問い合わせください。

オーナーに喜ばれる5つの理由|横浜の不動産売却専門企業 株式会社JUNXION ジャンクション 仲介 買取

オーナーに喜ばれる5つの理由

不動産売却専門企業 JUNXION Inc.の特徴

無料 不動産査定・売却のご相談|横浜の不動産売却専門企業 株式会社JUNXION ジャンクション 仲介 買取

不動産査定・売却のご相談

不動産の査定・売却のご相談は無料です。お気軽にご相談ください。