買取は現金化を急ぐ不動産を今すぐに売るオススメの売却方法です。
不動産を売るためには3ヶ月〜6ヶ月の期間がかかるのが一般的ですが、買取で不動産を売る場合には、買主を探すための売却活動をおこなう時間を短縮することができるのが仲介とは違います。買取は急に現金が必要になった場合や、売却に手間や時間をかけられない場合、相続などでよく分からない不動産を売りたい場合にオススメです。
買取なら売却まで時間がかかる不動産の売却も、早期に売却して現金化することができるメリットがあります。買取をオススメするケースを解説します。

買取で現金化を急ぐ不動産を今すぐ売る

買取なら今すぐ不動産を売却できる

買取で早期に売却

買取は「今すぐに現金が必要」「手間をかけたくない」「相続した詳しくない物件」などの不動産を早期に売却できます。
買い替えで現金を用意する必要があるケースや、売却にかかる手間が面倒なケース、どんなリスクが潜んでいるか分からないケースなど
の場合には、買取がオススメの売却方法です。
買取の場合、仲介による売却に比べて売却金額が低くなるデメリットがありますが、買取は不動産のプロである不動産会社へ売却するため、急いで売りたい不動産や手間をかけられない不動産も安心・安全に今すぐ売却できるメリットがあります。

買取をオススメするケース

買取がオススメのケース① 買い替え期日までに売りたい

買取で買い替え期日の前に現金化

今より良い住宅へ住み替えるために買い換えをされる場合には、マンションや戸建を「売る」「買う」を同時に進めなくてはならないケースもあるでしょう。買い替えるためには購入価格に適した資金が必要ですが、今まで住んでいた住宅を売却して資金を用意することを前提に新しい不動産を購入した場合には注意する必要があります。現在お住まいの不動産を売却された資金を、買い替え予定の不動産を購入する資金に充当する資金計画のケースでは、買い替え先の残金決済日までに、買い替え元の不動産を売却して資金を準備する必要があります。もし買い替え元の不動産が売れない場合には、現金の用意に急を要することもあるでしょう。また、買い替えに売却された資金を充当しないケースでも、買い替え元に住宅ローンの残債がある場合には、住宅ローンの支払いが二重になってしまうダブルローンになることも想定しておかなければならないでしょう。
不動産の買い替えるケースでは、資金計画が大切です。買い替え資金を準備しなくてはならない期限が迫っているケースや、ダブルローンの状態で買い替え元の不動産が売却できないケースでは、買取で今すぐ売却して現金化する方法がオススメです。

買取がオススメのケース② 手間と時間をかけずに売りたい

買取で手間と面倒を軽減

買取は、不動産を売るのに手間や時間をかけられないケースでオススメの売却方法です。
買取ではなく仲介で不動産を売却する場合には、多くの手間や時間がかかります。

不動産売却の流れ step 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

仲介で不動産を売るためには、購入希望者が室内を確認する内覧に対応する手間がかかります。買主が見つかるまでは内覧を何度も対応しなくてはならないため、手間がかかると感じるオーナーも少なくありません。また、仲介で不動産を売るために最も時間をかかるのが、売却を依頼する仲介会社を比較して選ぶことでしょう。
買取なら、時間をかけて仲介会社の特徴を比較したり、手間をかけて買主の対応をする必要はありません。最小限の手間と最短の時間で不動産を売却できるのが買取です。例えば当社の買取であれば、不動産の査定から最短3営業日あれば現金化が可能です。時間が取れない状況で手間をかけずに今すぐ不動産を売却したいケースでは、不確実性の高い仲介よりも買取がオススメの売却方法です。

買取がオススメのケース③ 高齢による財産処分で売りたい

買取で相続を見据えた現金化

買取は、相続を見据えて財産処分したいケースでオススメの売却方法です。
オーナーが高齢によって老人ホームや2世帯住宅へ移ったため、空き家になるケースが増えています。オーナーが戻る予定がたたず、家庭を持つ子どもたちにも家があると、代わりに住む人がいない空き家をどうするかが問題になります。このような空き家が将来的に相続されることを見据えて、不動産を売却して現金化しておくのは有効な財産処分の方法です。空き家を生前に売却して現金化することで、残されたご家族が相続で揉めるような心配はなくなります。現金であれば遺産分割も簡単で、余計な争いを生むことがないので安心です。また、空き家を放置すると固定資産税や修繕費用などのランニングコストはもちろん、定期的に管理しなければならない手間もかかります。
買取なら売却の手間やいつ売れるか分からないという心労を軽減することができるためオススメの売却方法です。

買取がオススメのケース④ 相続した詳しくない不動産を売りたい

買取で詳しいことが分からない相続物件を売却

買取は、相続した詳しくない不動産を売りたいケースでオススメの売却方法です。
相続した不動産を売却するケースでは、ほとんどのオーナーが相続物件に詳しくありません。日常的に使用していなければ不具合や故障、傷んでいる箇所など分からないことも多いでしょう。そのようなトラブルを生むリスクを抱えた相続物件は買取がオススメです不動産のプロである買取会社へ売却すれば、その後の費用負担を含めた責任をオーナーが負う必要はありません。また、相続物件が遠方であるケースや、有効活用することができないケースでは、放置しているだけで固定資産税が大きな負担になります。相続するだけでも苦労する不動産を売るとなると、空き家の中に物が残っていれば、購入希望者の内覧に立ち会いや、家財の処分費用の捻出など、売却活動に時間と費用がかかるでしょう。
買取なら、現状のまま買取会社へ売ることができます。相続した不動産に詳しくないケースや、相続物件を有効活用できる手段や時間がないケースでは、売却後のトラブルやリスクもオーナーが負担する必要がなくなる買取がオススメの売却方法です。

買取で売却できない不動産を売る

売れない不動産の買取

相場で売れなければ買取も

不動産の売却を仲介へ依頼して半年以上も売れない場合は、どのような理由が考えられるのでしょうか。
通常の仲介の売却活動であれば、半年間の売却活動により周辺エリアでの購入希望者には認知されているはずですから、不動産の状態に対して価格が高いなどの理由が当てはまります。このまま売却できず、その後も売却活動を続けるとなると「売れ残り物件」と判断されて、悪いイメージがついてしまい、さらに売却するのが難しくなってしまいます。こうなると価格を下げる必要があるのですが、値下げを繰り返して徐々に安くしていくよりは、早いタイミングで買取を検討するのもオススメです。

買取会社も再販売による利益を見込むため、売れなかった価格から逆算して買取価格を算出します。価格を下げてからでは、買い取ってもらえる価格が安くなり、オーナーの手元に残る金額が減ってしまう可能性があることも覚えておきましょう。また、不動産を買取で売却する場合には仲介が間に入っていると仲介手数料がかかるため、買取の場合には直接オーナーから買取をおこなっている買取会社へ依頼するのが賢明です。


ここまで「買取は現金化を急ぐ不動産を今すぐ売るオススメの方法」についてご紹介しました。
現金化を急ぐ不動産を売るなら買取がオススメの売却方法です。買取でしか解決できない問題も不動産にはあるため、オーナーにはメリットが多い売却方法です。買取で不動産を売るなら、お手元に少しでも多くお金が残せるように、信頼できる買取会社への依頼をオススメします。
買取で不動産の売却をお考えでしたら、不動産売却専門企業 株式会社JUNXION(ジャンクション)にご相談ください。

不動産 売却 仲介 買取 査定 相談 年間実績 JUNXION ジャンクション 横浜

不動産査定・売却相談×年間実績1,000件以上

2020年8月31日までの不動産査定/売却相談の件数

不動産売却の相談をするにしても、数ある不動産会社の中からすぐに信頼できる売却の専門家と出会うのは簡単ではないかもしれません。
私たちは不動産売却を専門のプロとして、オーナーのご不安やお悩みに誠実にお応えします。年間1,000件を超える売却のご相談にお答えしてきた私たちなら力になれるはずです。

不動産売却のご相談・査定

お電話からのお問い合わせ
0120-750-180

不動産売却のご相談・査定は無料です。
当社は執拗な営業や勧誘はいたしません。お気軽にお問い合わせください。

オーナーに喜ばれる5つの理由|横浜の不動産売却専門企業 株式会社JUNXION ジャンクション 仲介 買取

オーナーに喜ばれる5つの理由

不動産売却専門企業 JUNXION Inc.の特徴

無料 不動産査定・売却のご相談|横浜の不動産売却専門企業 株式会社JUNXION ジャンクション 仲介 買取

不動産査定・売却のご相談

不動産の査定・売却のご相談は無料です。お気軽にご相談ください。