内覧は仲介で家を売るために大切なタイミングです。
家を売却するなら、できるだけ高く売りたいですよね。内覧の準備と対応には、誰でも簡単にできるオススメのポイントがあります。マンションや戸建の印象が上がる内覧ポイントを確認して、売却を成功させましょう。
仲介で家を売る内覧で、オススメの準備と対応ポイントを解説します。

内覧の準備と対応|仲介で家を売るオススメのポイント

内覧(内見)とは

内覧は居住中の家を売るなら必要になる

内覧とは、マンションや戸建といった居住用の家を売却するときに、購入検討する将来のオーナーが物件の確認に訪れることです。
内覧の対応は、居住中の家を仲介で売るのであれば必ず必要になります。オーナーが家について知っている状態を、良くも悪くも伝えるタイミングが内覧になるでしょう。内覧の印象が良いと、家は早く売却できます。室内や設備などの使用状態がキレイで、丁寧に使用していたことが伝わると高く売却できることもあります。内覧の対応には準備するポイントが大切です。

内覧の準備と対応で家を売る

内覧する買主の視点で印象を考える。

内覧の準備と対応は、家を売却するための印象に影響します。
マンションや戸建を住みながら売るためには「オーナーだから」といった姿勢では、売れるものも売れなくなってしまいます。家をより良い条件で売るためには、ちょっとした気遣いやマナーが大切なのです。物件をよく知っているオーナーだからこそ「これからココに住むかもしれない」と、購入検討者の気持ちを理解して接することが内覧ではオススメです。もちろん仲介も大切な家の売却に力を貸してくれます。さらに、居住中の家ではオーナーと力を合わせることで、より納得できる売却ができるでしょう。
せっかくの内覧ですから、気持ち良く売り渡す気構えでのぞみましょう。

内覧の準備で印象が上がるポイント

内覧では家をできるだけキレイな状態でみてもらう準備が大切なポイントです。
内覧の準備は誰でも簡単にできます。ポイントを確認して内覧の前に準備しておきましょう。

内覧前に準備しておくポイント

  • 玄関の掃除
    家の顔である玄関の印象は特に重要です。
    靴をシューズクローゼットに収納するなどして内覧に備えましょう。
  • 水回りの清掃
    キッチン・浴室・トイレといった水回りは、主婦の目でチェックされるポイントです。
    水アカなどの簡単に取れる汚れは清掃し、あわせて換気で乾かしておきましょう。
  • 室内の整理整頓
    室内は広いと感じる方が印象は良くなります。
    今すぐ使わないモノは収納する、不要なモノがあればこのタイミングで捨てるなどして、床を広く空けておきましょう。
  • クローゼットや押し入れの整理
    収納スペースが大きさも大切なポイントです。
    モノが入っていても大きさは確認できるので、収納の中を見せられるように整理しておきましょう。
  • 照明器具を点検
    シーリングライトなどの照明器具は生活感が出やすいポイントです。
    ホコリや油汚れがついた照明器具の掃除や、切れている電球がないか点検しておきましょう。
  • ふすま・障子のお手入れ
    ふすまの破れや障子の穴はできる限り補修をオススメします。
    補修にはそれほどお金がかかりません。ふすまや障子に比べるとドアや建具は高額になるため仲介担当者に相談しましょう。
  • ご家庭の匂いに注意
    匂いというのは人それぞれ感じ方に違いがあるため注意したいポイントです。
    家の中には特にペットや煙草などの匂いが付きやすいカーペット・カーテンなどの布類に注意しましょう。
  • バルコニーや庭の片付け
    荒れたバルコニー・お庭などを片付けると印象は良くなります。
    庭やバルコニーに置きっぱなしのモノがあれば片付けておきましょう。
  • スリッパを準備する
    衛生面でもスリッパを準備しておくと好印象です。
    どれだけ入念に掃除をしても、床の細かいホコリや汚れは残っているものです。一般的には仲介が準備します。

内覧でオススメできるポイントをまとめる

内覧では購入意欲が高い方ほど質問をされます。
家に関係することはもちろんですが、スーパーや幼稚園、小中学校、バス停や最寄り駅などの周辺環境についても知りたい情報です。

内覧でオススメできるポイント

修繕履歴
  • 大規模な修繕工事履歴
    リフォーム・リノベーションなど
  • 小規模な修繕履歴
    壁紙やフローリングの張り替え・ガスコンロや給湯器の交換など
周辺環境
  • 学区
    小学校・中学校など
  • 交通機関
    利用可能な沿線・最寄り駅・バス停など
  • 商業施設
    スーパー・コンビニ・ショッピングモールなど

※当社では内覧でオススメできるポイントをまとめた販売図面を作成しますので、内覧時のオーナーの面倒が軽減されます。

内覧の対応で印象が上がるポイント

内覧ではとにかく明るい印象になるよう対応するのが大切なポイントです。
空気が淀んでいる暗い家が欲しいという方はいないので、できるだけ気持ちの良い印象になるように対応しましょう。

内覧の対応で意識するポイント

  • 内覧の時間
    内覧はできるだけ日中の明るい時間帯に都合を合わせましょう。
  • 窓を開ける
    換気が目的ですが開放感がでます。寒い時期には、事前に換気をしてカーテンやブラインドは開けておきましょう。
  • 照明を点ける
    昼間の明るい時間帯でも、全ての照明を点けておきましょう。
  • 室温を調整する
    ゆっくりと内覧できるように室内が暑い・寒い場合にはエアコンなどで室温を調整しましょう。

内覧の準備に費用をかける?

お金をかける前に仲介へ相談するのがオススメ

内覧にあわせてリフォームが必要か相談をうけることがあります。
「湿気でカビが」「子供が落書きを」「水回りが汚くて」「ペットの臭いが」といった状態の場合、まずオススメするのは徹底的に掃除をすることです。掃除をしてみると汚れが取れてキレイなることが多いですし、無料でできることです。
ただし、通常の清掃では取れない汚れなどのケースや、水回りや壁・床と掃除する面積が広いケースでは、クリーニングの依頼をオススメすることもあります。また、壁紙が剥がれているケースや、壁に穴が空いているケース、フローリングが割れるように傷がついているケースでは、リフォーム工事をオススメすることも。しかし、それはあくまでクリーニングやリフォームで、より良い条件で売れる場合の話です。
クリーニングやリフォーム工事には費用がかかりますが、家にかけた金額だけ高く売れるというわけではありません。築年数が古い建物についている設備はクリーニングでは新しくなりませんし、リフォームで設備を入れ替えても建物は古いのでリフォーム箇所だけが目新しく浮いて見えることもあるでしょう。クリーニングやリフォームに費用をかけても、売れないリスクがあるのです。
クリーニングやリフォームに費用をかける前に「それに見合うだけの金額で売れるのか?」売却経験が豊富な不動産会社や担当者へ相談するのがオススメです。



ここまで「内覧の準備と対応|仲介で家を売るオススメのポイント」について解説しました。
仲介で居住中の家を売る場合には、内覧の準備と対応が重要なポイントです。マンションや戸建は、間取りや立地だけで売れるわけではありません。仲介で家の売却を成功させるなら、信頼できる不動産会社への依頼をオススメします。
不動産の売却をお考えでしたら、横浜の不動産売却専門企業 株式会社JUNXION(ジャンクション)までお気軽にご相談ください。

不動産 売却 仲介 買取 査定 相談 年間実績 JUNXION ジャンクション 横浜

不動産査定・売却相談×年間実績1,000件以上

2020年8月31日までの不動産査定/売却相談の件数

不動産売却の相談をするにしても、数ある不動産会社の中からすぐに信頼できる売却の専門家と出会うのは簡単ではないかもしれません。
私たちは不動産売却を専門のプロとして、オーナーのご不安やお悩みに誠実にお応えします。年間1,000件を超える売却のご相談にお答えしてきた私たちなら力になれるはずです。

不動産売却のご相談・査定

お電話からのお問い合わせ
0120-750-180

不動産売却のご相談・査定は無料です。
当社は執拗な営業や勧誘はいたしません。お気軽にお問い合わせください。

オーナーに喜ばれる5つの理由|横浜の不動産売却専門企業 株式会社JUNXION ジャンクション 仲介 買取

オーナーに喜ばれる5つの理由

不動産売却専門企業 JUNXION Inc.の特徴

無料 不動産査定・売却のご相談|横浜の不動産売却専門企業 株式会社JUNXION ジャンクション 仲介 買取

不動産査定・売却のご相談

不動産の査定・売却のご相談は無料です。お気軽にご相談ください。