不動産売却について考える時、売却方法の選択肢として挙げられるが買取と仲介です。買取と仲介の違いについてご紹介します。

買取と仲介の違い

不動産の売却ではマンション・戸建・土地などの不動産種別や状態、不動産を所有されているお客様のご事情によって、個々に最適な売却方法が買取・仲介と異なります。安心して不動産を売却するためにも、まずは買取と仲介の違いを知り、お客様ご自身とご所有不動産の状況に則した売却方法を選びましょう。

買取と仲介の比較

不動産売却には、不動産会社が売主様から直接買い取る「買取」という方法と、不動産会社が購入希望者を見つける「仲介」という2つの売却方法があります。売却スピードと売却価格は相反関係にありますが、一般的に売却スピードを重視される売主様は買取、売却価格を重視される売主様は仲介を選ばれる傾向があります。

期間重視
売主 × 買取会社 = 買取

価格重視
売主 × 仲介会社 × 買主 = 仲介

売却までの流れの違い

仲介と買取で不動産を売却するまでの流れは違います。ステップごとに確認しましょう。

不動産売却の流れ step 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

仲介で売却する場合には、お問い合わせからお引き渡しまでに少なくとも9つのステップがあり、一般的に3〜6ヶ月程度の時間が掛かります。売却する相手が一般の買主ですから、売却活動や契約交渉が難航すれば売却活動の長期化も考えられます。対して買取で売却する場合には、不動産会社が直接買い取るため媒介契約から売却活動・契約交渉までのステップは不要となるため、売却期間が大幅に短縮することができ、売主様の手間も軽減されます。
より短い期間で売りたい場合には、不動産会社に相談してみましょう。

買取と仲介のメリット・デメリット

買取と仲介は売却方法の違いから、それぞれにメリットとデメリットがあります。
買取と仲介の違いを確認し、ご自身の状況とマンション・戸建・土地など不動産の状態に照らし合わせて不動産売却を成功させましょう。
※当社で提供する買取・仲介でのメリット・デメリットを基にご説明します。

-買取-
早く確実に面倒なく現金化できる買取

買取のメリット(不動産会社が買取)

最短3日で現金化
仲介手数料無料
・売却にかかる手間を軽減できる
遠方からでも簡単に売却が完了
秘密厳守で誰にも知られずに売却できる
買い手が付かない建物も売却可能
・売却後のリスクがない

買取のデメリット

・仲介の売却に比べて金額が低くなる
※市場価格の60〜80%程度

-仲介-
売却価格を重視する仲介

仲介のメリット(一般の買主を仲介)

できるだけ高く売る可能性を追求できる
※買取価格より高くなることを約束するものではない

仲介のデメリット

・信頼できる仲介会社を見極める必要がある
・買主との条件が合うまで長期化する可能性
・広告等で売却情報が世間に認知される
・内覧等を対応する手間がかかる
・引渡しまでに費用が追加で発生する可能性
・契約不適合責任など売却後にトラブルが起こるリスク
・売却完了までランニングコストが必要


ここまで不動産売却の方法と選択肢「買取と仲介の違い」についてご紹介しました。
より詳しく買取と仲介の売却までの流れについて、まとめていますので参考になれば幸いです。

不動産売却のご相談・査定

お電話からのお問い合わせ
0120-750-180

不動産売却のご相談・査定は無料です。
当社は執拗な営業や勧誘はいたしません。お気軽にお問い合わせください。

特徴 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

売主様に喜ばれる5つの理由

不動産売却専門企業として

無料査定 相談 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

無料査定依頼・売却のご相談

不動産査定依頼・売却相談は無料です。
お気軽にご相談ください。