現金化を急ぐ不動産の買取

買換え期日で資金が必要な買取

買取で買い換え期日前に現金化

より良いマンションを手に入れるために買い換えをされる場合は、新築マンションの価格に適した資金が必要です。現在お住まいのマンションを売却された資金を、買換え予定のマンションを購入する資金に充当する資金計画の場合、購入不動産の残金決済日までに現在お住まいのマンションを売却完了させ資金を準備する必要があります。そのような場合には、売却価格が確定していないため購入するマンションの資金計画が立て難いということも考慮しなければなりません。また、現在お住まいのマンションを売却された資金を購入資金に充当しないケースでも、売却されるマンションに住宅ローンの残債がある場合には、住宅ローンの支払いが二重になってしまうことも想定しておかなければなりません。マンションの買換えにはしっかりとした資金計画を立てる必要があります。仮に資金を準備しなくてはならない期限が迫っている場合でも買取であれば現金化を確定することが可能です。

売却に手間と時間をかけない買取

買取で手間と面倒を軽減する

不動産会社による直接買取であれば、仲介会社へ売却を依頼し、時間をかけて購入希望者を募る必要がありません。また、購入希望者の内覧の立ち合いなども不要となり、手間も最小限に最短での売却が可能です。不動産会社の直接買取ならば1週間もあれば現金化することができます。時間が取れない状況で不動産をすぐに売却されたい方は不確実性の高い仲介よりも買取会社に依頼した方が良いでしょう。

高齢による財産処分の不動産買取

買取で相続を見据えた現金化

所有者が高齢によって自宅に住み続けることが難しくなり、老人ホームや2世帯住宅へ移ることになった場合、将来の遺産相続を見据えた買取による不動産の現金化は有効な方法です。今後自宅に戻る予定はなく、子どもたちはそれぞれ家庭を持ち住まいがあり、代わりに誰かが住む予定もない場合には、生前に売却して現金化しておくことで残されたご家族が相続で揉めるような心配がなくなります。現金であれば遺産分割も簡単で、余計な争いを生むことがないので安心です。仲介会社に売却を依頼したが、手続きの手間やいつ成約するか分からないという心労が負担になる場合には不動産会社による直接買取がおすすめです。

相続した詳しくない不動産の買取

相続物件で詳しい事が分からなくても買取で売却

相続した不動産を買取で売却される方のほとんどが相続物件に詳しくありません。日常的に使用していなければ不具合や故障、傷んでいる箇所など分からないことも多いでしょう。そのようなトラブルを生むリスクを抱えた相続物件は買取が適しています。また、不動産を相続することになった場合、その不動産を有効活用できる手段や時間があれば問題はありませんが、現在お住まいの地域が遠方であり、地元に戻る予定も立たず有効活用することができない場合には、放って置くと固定資産税が大きな負担になってしまいます。仲介会社へ売却を依頼しようにも購入希望者の内覧に立ち会う時間や、家財の処分費用の捻出など売却活動には難しい状況が予想されます。買取であれば現状のまま不動産会社へ売却することができる上、売却後のトラブルやリスクも所有者が負担する必要がなくなり安心です。

売れない不動産の売却は買取

売れ残ってしまった不動産の買取

相場で売れなければ買取を検討する

不動産の売却を仲介会社へ依頼して半年以上も売れない場合は、どのような理由が考えられるのでしょうか。通常の不動産会社の売却活動であれば、半年間の売却活動により当該エリアでの購入希望者には認知されているはずですから、販売価格が高いなどの理由が当てはまります。このまま売却できず、その後も売却活動を続けるとなると「売れ残り物件」と判断されて、負のイメージにより更に売却するのが難しくなってしまいます。こうなると販売価格を下げる必要があるのですが、値下げを繰り返して徐々に安くしていくよりは、早いタイミングで買取を検討した方が得策です。不動産関連書籍やインターネットサイトなどでは「売却活動を1年以上している場合」と書かれているものも見かけますが、不動産会社も転売による利益を見込むため、売出価格を下げてからでは買取価格に影響して手残り金額が目減りしてしまう可能性があることも覚えておきましょう。

特徴 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

売主様に喜ばれる5つの理由

不動産売却専門コンサルティング企業として

無料査定 相談 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

無料査定依頼・売却のご相談

不動産査定依頼・売却相談は無料です。
お気軽にご相談ください。