大手不動産会社に依頼すれば不動産売却は成功か?

大手不動産会社か、中小の不動産会社か

売却の仲介を依頼するのは「大手不動産会社が良いのか」、「中小の不動産会社が良いのか」というご質問を受けることがありますが、実際のところ会社規模の大小はあまり関係がありません。人気の高いエリアなどで「売り出せばすぐに売れる」というような不動産であれば、大手の会社へ購入相談をしている顧客であっという間に決まるという事もありますが、それなら中小の会社に頼んでも結果はさほど変わらないでしょう。

情報格差を無くすレインズによる情報共有

売却の仲介を依頼された不動産会社はレインズという不動産会社間の不動産売買情報共有システムに登録を義務づけられています。※一般媒介は除く レインズに売却情報が登録されると、全ての不動産会社が同じ様に情報を閲覧する事ができ、自社の顧客を紹介することも、逆に顧客を紹介してもらうことも可能になります。つまり売却を依頼する会社の規模の大小にかかわらず、同じ様に不動産会社間で売却不動産の情報共有が行われるのです。

不動産売買に根強く残る慣習「囲い込み」

レインズにより不動産業界は売買の透明化を目指していますが、根強く不動産業界の慣習は残っています。一部の不動産会社は「買主」「売主」の双方を顧客として売買を成立させ両方から仲介手数料を得る「両手取引」を目指す傾向があります。両手取引を狙う不動産会社は自社のみで買主を見つけて売買を成立させたいがために、他社へ売却情報を提供せず自社内に売却情報を隠したり、他社からの購入希望者の紹介を意図的に断るなど「囲い込み」といわれる情報操作をおこなう可能性があるのです。不動産会社の都合で行われる囲い込みは売却活動をするうえで機会損失であり、売却期間が長期化する理由の一つになります。また「高く売りたい」売主と、「安く買いたい」買主は利益相反の関係にあるため、両手取引を目指す不動産会社は中立の立場を取らざるを得ません。
売却を依頼する際には、他の不動産会社による購入希望者の紹介を喜んで受けるのはもちろんの事、会社の大きさには関係なく、「どのような販売活動をしてくれるのか」という姿勢を確認する事が重要です。
囲い込みについて詳しくは不動産売却に悪影響の両手取引を狙う囲い込みをご覧ください。

不動産売却成功のカギを握る販売戦略

不動産売却成功の鍵を握る販売活動にはインターネットを使った広告活動や、購入希望者を紹介をしてくれる他社との信頼関係の構築、オープンハウスによる集客等など不動産の特性に合わせた販売活動が必要となります。売却を依頼する際には「どのように売るのか」といった内容を含めた販売計画や方針について担当者に詳しく聞いてみるようにしましょう。
また、会社の規模が小さい、設立してからの社歴が浅い、などといっても営業担当者の実力とは直接関係ありません。まったくの素人だった人が不動産業を始めるケースも稀にありますが、多くの場合は他の不動産会社で経験を積んだ者が独立して、あるいは志を同じくする仲間と独立しています。独立の理由はさまざまでしょうが、不動産の仕事に誇りをもった人、不動産の仕事に自信や自負を持った人ほど独立志向が強いと言えるかもしれません。大手の会社だから、営業年数の長い会社だからという理由だけで売却の仲介を依頼する不動産会社を選んだら、社長以外は新人や素人ばかりだったという事もあり得るでしょう。宅地建物取引業の免許番号が付された括弧内の数字(免許の更新回数)が大きいほど「営業経験が長く信用できる」と解説したインターネットサイトや不動産関連書籍も多く見受けられますが、決してそれだけでは判断できない事も覚えておきたいところです。

売主様に喜ばれる5つの理由

不動産売却を専門とする不動産企業として

無料査定依頼・売却のご相談

不動産査定依頼・売却相談は無料です。
お気軽にご相談ください。