不動産とお客様の状況を考慮した最適な売出価格の設定

最適な売出価格を決めるために

状況やご希望によって最適な売出価格は異なる

不動産の売出価格の設定は、売却の仲介を依頼する不動産会社選びの次に重要なポイントです。どれだけ魅力的な不動産でも高すぎれば売れませんし、逆に問題の多い不動産でも価格が適正ならば売れるのが不動産市場です。また、売却スピードと売却価格は相反関係にある為、不動産の状況と売主様のご事情やご希望によっても最適な売出価格は異なります。マンション・戸建・土地など不動産種別にあわせた取引相場を正確に把握し、ご自身にとっての最適な売出価格を設定する為に価格を決める際のポイントを確認しましょう。

複数の不動産会社に価格査定を依頼する

不動産の取引相場を把握し、不動産がいくらで売れるのかを判断するには、それなりの専門性と経験が必要になります。そこで不動産会社へ査定を依頼する訳ですが、1社だけに依頼しても、本当にそれが取引相場に沿った金額なのか比較をすることはできません。最低2社以上に査定を依頼し、まずは全体の査定価格の幅を把握しましょう。
本来ならば、どこの不動産会社の査定価格も大きな開きはないはずですが、他社に比べて極端に高い査定価格を提示する不動産会社には注意が必要です。それは媒介契約(売却の仲介依頼)を受けたいが為に高い査定価格を提示する場合もあるからです。また、安すぎる査定価格である場合は担当者が取引相場を把握しきれていない可能性があります。それらを踏まえ査定価格の幅を把握する事が大切です。

一括査定サイト

複数の不動産会社へ一度に査定依頼が可能ですが、各不動産会社からの営業は覚悟しておかねばなりません。ご自身が気になる不動産会社数社に査定を依頼をするのも良いでしょう。

査定価格と売主様のご事情を考慮した最高値を目指す

取引相場の価格の幅を把握したら、ご所有の不動産をいつまでに売却したいのか、売却の期限を担当者に伝えましょう。通常、不動産会社は現在の相場で3ヶ月以内に売却が可能であろう金額で査定価格を算出します。しかしながら、売主様によって「住替えの為に今すぐに現金化したい」という方や、「親から相続した財産の為、ゆっくりでも良いから高い価格で売却したい」方など、ご事情はそれぞれです。不動産会社の査定価格を目安として、担当者と相談しながら、ご自身の売却期限とバランスを取り売出価格を設定しましょう。ただし、高めの売出価格を設定する場合でも、査定価格の幅から逸脱し過ぎない様にしましょう。高すぎる売出価格によって売れ残ってしまい、イメージの低下を招いては本来売却できる価格でも売却が難しくなってしまう事がありますので注意が必要です。
詳しくは査定価格が高い不動産会社は高く売ってくれるのかをご覧下さい。

売主様に喜ばれる5つの理由

不動産売却を専門とする不動産企業として

無料査定依頼・売却のご相談

不動産査定依頼・売却相談は無料です。
お気軽にご相談ください。