不動産の高価査定の落とし穴

査定価格が売却価格ではありません

高価査定≠高価売却

不動産売却の際にはいくつかの不動産会社に査定を頼んで価格を見比べる事になるでしょうが、提示された査定価格が高いからという理由だけで売却の仲介を依頼する不動産会社を選ぶ事は得策ではありません。不動産の査定価格は市場の取引相場を参考にマンションであればマンション、戸建であれば戸建と土地や建物など不動産の特性を評価し算出したものです。査定価格を提示した不動産会社が直接買取を行う場合を除き、不動産仲介会社の査定価格は「この価格で売れるだろう」とする予想の金額であり、実際に売却できる金額を保証するものではありません。

媒介契約目的の査定価格か見極める

根拠が無い高価査定の狙いは媒介契約

もちろん、不動産会社は売主様から売却の仲介依頼を受けた不動産を少しでも高く売りたいと考えます。しかし一部の不動産会社では売却仲介の依頼(媒介契約)を受けようと固執するあまり、市場の相場とかけ離れた非常に高い査定価格を提示する事があります。

例)実際に売れている市場相場が3,000万円に対して3,500万円や3,800万円といった高価査定を提示

高額な査定価格を提示された売主様は、ご所有の不動産が高い金額で売れると言われれば悪い気はしないでしょう。しかし実際には相場より高い売出価格で売却活動を初め、時間の経過とともに売出価格を下げていき、相場近辺の価格で売却されるという事が多いようです。それでは、ただ無駄に時間を浪費したに過ぎず、さらには「売れないには何か理由があるはずだ」、「もう少し待てばさらに安くなるかも知れない」などと購入希望者側に売れ残っている不動産としてイメージ低下を招き、本来売却できたであろう金額をも下回る事態にもなりかねません。不動産売却を成功させるためには根拠に基づいた査定価格の算出は基本です。

媒介契約=売却(購入)依頼の契約

不動産仲介会社は仲介手数料で成り立っています。仲介手数料は売却(購入)完了時に支払われる成功報酬ですから、まず媒介契約を結ぶ目的で提示された高額な査定価格には注意が必要です。

売却価格を支える査定能力と売却戦略

査定能力+売却戦略=売却価格

査定価格を鵜呑みにして売却戦略を持たない不動産会社へ売却を依頼した結果、失敗したという相談は多く寄せられます。不動産会社が算出した査定価格には不動産売却に係る様々な情報が含まれており、特に「査定能力・売却戦略」の2点に不動産会社や担当者ごとの違いが顕著に表れます。査定価格の提示を受ける際には価格だけに注目せず「何故その査定価格となったのか」、「市場の取引相場はどうか」、売却不動産の「どのような部分を評価しているのか」など、価格の根拠を詳しく訊いてみるようにしましょう。また、「どのような売却戦略で、どの程度の期間で売却完了を想定している価格設定なのか」など販売計画についても合わせて訊いてみると良いでしょう。

特徴 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

売主様に喜ばれる5つの理由

不動産売却専門コンサルティング企業として

無料査定 相談 横浜 不動産 売却 仲介 買取 junxion ジャンクション

無料査定依頼・売却のご相談

不動産査定依頼・売却相談は無料です。
お気軽にご相談ください。