不動産売却を成功へと導く正しい知識

都合の良い偏った情報を掴まされて損をしないために

不動産売却の正しい知識

不動産業界は不動産売買に係る取引の透明化を進めていますが、未だ嘘や悪質な手法、詐欺まがいの手口を使う悪徳不動産会社がお客様を騙すことがあります。お客様にも同様の認識があり、不動産を売却するにあたって悪徳業者に捉まり損をしないようインターネットで売り方などを検索して予備知識を付けようと考える方も多くいらっしゃいます。マンション・戸建・土地などの不動産種別に係わらず、安心して売却活動をはじめるために不動産売却を考える初期段階に情報収集による正しい知識が必要で、それが成功と失敗を分けるのは間違いありません。しかし、不動産売却について調べた情報が「本当に正しいか」という所まで掘り下げると、判断できないというのが本音でしょう。

誰でも買える信用

不動産売却についてインターネットで検索すれば不動産の売り方について知ることは可能です。しかし「不動産売却をどの会社に依頼するか」「査定価格が高いのはどこの会社か」「仲介手数料は安くなるのか」など一歩踏み込んだ内容の情報を得るための検索では正確性は極端に下がります。なぜなら、検索上位に表示されるサイトは広告収入を目的とするホームページやブログがほとんどだからです。宅地建物取引業の免許を受けていない、不動産会社ではない、中には不動産関係者ではない素人の方が情報を載せている知識の浅いサイトもあります。広告による報酬を貰うことを目的に不動産会社から依頼された都合の良い偏った知識を掲載しているサイトですから、いくら情報を読み込んでも各不動産会社の特徴を比較することもままならず、ましてや不動産売却の正しい知識を手に入れることは限りなく不可能に近いでしょう。これは不動産関連書籍についても全く同じことが言えます。おすすめの不動産会社やサービスの比較、○○No.1などの数字的根拠に基づかないランキングも不動産会社は買うことができてしまうのです。

不動産市場に求められる透明性

何故、このようなことが起こるのか。それは不動産仲介取引の不透明性が影響しています。不動産仲介会社は売主(売却不動産)と買主(購入不動産)の売買契約を仲介することを目的としており、売却の依頼を受ける方法も購入の依頼を受ける方法も法を犯さない範囲で自由です。また、世の中にはマンション・戸建・土地などの不動産種別があり、その中でも全く同じ条件の不動産は存在せず、個々に不動産売買に係る専門知識が異なるため、一般の方には判断が限りなく不可能に近いことが理由にあげられます。情報格差が生じる不動産取引には仲介会社の高いモラルが必要とされますが、未だにそのグレーゾーンを利用し、古い慣習や考え方で嘘や悪質な手法、詐欺まがいの手口などを使い、お客様を騙して利益を得る一部の悪徳不動産業者が存在するのが実情です。売主の死角を狙い利益を奪う悪徳業者の利己的な考えが不動産取引の知識と称され、インターネット上に罠のように点在しているため、取引を依頼する不動産会社の選択には慎重さが求められるのです。
一方、各不動産会社の意識改革や、新興企業の抬頭により不動産業界の透明化が図られているのも事実です。不動産売却について調べる上で最も重要なのは、査定価格の高さでも仲介手数料の安さでもありません。その不動産会社がどのような強みと特徴を持ち、売却を成功させる実力があるのか、自社の利益のためにお客様の利益を損なっていないか、不動産売買のプロとしてお客様と向き合うその姿勢なのです。

売主様に喜ばれる5つの理由

不動産売却を専門とする不動産企業として

無料査定依頼・売却のご相談

不動産査定依頼・売却相談は無料です。
お気軽にご相談ください。